カナダは広い国なので場所によって印象が全然違います。今回はバンクーバーでの留学を紹介しようと思います。

オーストラリアへの親子留学のすすめ

Yahoo! JAPAN

Pagelist

カナダへ留学に行こう

カナダでの語学留学とは言ってもカナダは広く場所によって学べることや感じることが全然違います。公用語として話されている言語は英語とフランス語ですが、カナダは世界中から移民を受け入れているので各地にあるチャイナタウンでは中国語が話されていたり、道を歩いていてもアラビア語やスペイン語・ヒンドゥー語・日本語なども聞こえてきます。つまりカナダへ語学留学するということは英語はもちろん、その他の多数の言語を学ぶチャンスがあるということです。今回はカナダでも最も移民が多い都市の一つであるバンクーバーでの留学を紹介したいと思います。

バンクーバーはカナダのブリティッシュコロンビア州の南西海岸に位置していて、一年を通して比較的温暖な気候です。しかし冬になるとレインクーバーと呼ばれるほど雨が多いです。また中国をはじめとするアジア諸国や中東・ヨーロッパからの移民が多く、街を歩いてみても分かるのですがアジアや中東・西洋の文化が絡み合っています。例えばお寿司屋さんの隣りにアラビア料理のレストランがあり、その横にピザ屋さんがあったりします。言うなればバンクーバーは小さな地球のような場所です。

バンクーバーは他の都市よりも比較的交通の便が良く、都市中にバスが張り巡らされていたり、中心街から空港までスカイトレインという電車が20分でつないでいたり、北部のノースバンクーバーへはシーバスという船で行けたりと様々な種類の交通機関が活躍しています。またカナダの主要部カナディアンロッキーやトロントをはじめとしたカナダ全土への長距離バスやアメリカのシアトルをはじめとしたアメリカ全土への長距離バスが出ています。

注目情報